2017年9月9日土曜日

駅長日記vol.58 S92-09-09


外気温17℃、晴れ(見通し良)、始発一番列車フラワ2000-3、A野運転士。
気温がグッと下がって肌寒いですが、爽やかな朝を迎えて今日一日元気に過ごせそうだといつもの朝一番のFacebookの投稿に書きましたが、時間の経過とともに気温が上がり、昼間は結構暑かったですね(^_^;)
とは言うもののエアコンも無しで過ごせたと言うことで秋の深まりを感じました。

水銀灯から電球色のLEDに変わりました
2年目に入りました。
昨年の今頃は草刈りをしてひと汗かいていたと思いますが、今年は運転士のO地さんが先週から2週に渡って草刈りをして下さいました!ありがとうございます(*^_^*)
しかも、今週も炊き込み御飯と餃子の差入れ!!
本当に感謝です(#^.^#)

上り始発列車
今日はいつも来てくださる皆さんは市内の畑地区にある通称ゆるぎ岩にハイキングに出掛けられました。
同じくハイキング参加の予定で来られたSさんは自分の情報を確認するために予定を変更して市内某所に行かれました。

そうこうする中で一人の方が駅に来られました。
お話を聞くと60数年前にお父様が長駅、法華口駅、等の駅長をされていたとのことで、色々と興味あるお話を聞かせてもらいました。
今は使われていない対向線のホームでヤギを飼われていたとか、駅前のお宅でお風呂を使わせていただいたとか、当時を偲ばせるほんわかした内容でした。
やはり駅には人を集める力があるんでしょうね、あらためて実感した次第です。
他にも撤収作業中に友人の写真家の野沢くんが某路線の廃線跡の取材のついでに来てくれて、今週から始まる写真展の作品集をくれました。
写真展に自分を撮影した作品を展示するということで本人承諾が要るとのことでしたが、なかなかかっこよく撮ってくれているのでまた紹介したいと思います。


夕方は早々に法華口駅に移動し、日が短くなった夕暮れの様子と列車を絡めての撮影会。
そこで聞いた残念な話・・・これからどうなるんでしょうね。
時は常に進んでいます、そしてそれは誰も止めることができないものです。
いつまでも同じ場所には留まっていられない事も分かりますし、いつかは誰にでもそういう日が訪れます。
頭では分かってはいても、その時が来ればやはり寂しいものですね。

さて、本日も色々ありましたが、振り返ると良い一日だったと思います。
やはり「感謝」ですよね、ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

駅長日記vol.91 2018-08-11

05時48分、外気温24℃、曇り(視程 可)、上り始発列車フラワ2000-1、S江運転士。 世間はお盆休み突入…ですね。 乗客の皆さんの様子を拝見すると家族連れの方が多かったと思います。 相変わらず猛暑が続いていますがいつまで続くんでしょうね(^_^;) 冷房漬け...